1935年 ルランデ氏が管楽器のタンポ製造会社として個人商店を始める。

“1976年 アルバート・グロタン氏が会社を買収するその頃にはすでにルランデ氏とは別の人物が別会社として運営、ケーン、リードや管楽器アクセサリーの製造を主に行っていた。
グロタン氏の買収により、会社はパリから北へ約20キロのヴァル・ドワース県へ移り、”グロタン・シェドゥヴィル・ルランデ(CLG)”となり、タンポ製造とケーン、リードや管楽器アクセサリーの製造会社として運営される。

“2005年 ”グロタン・シェドゥヴィル・ルランデ(CLG)社”を分割譲渡。
当時、会社顧問の会計士だった、当社代表ミッシェル・リックボエールがタンポ製造部門を引き継ぎ、リックボエールにより創業の地、エザンビルに戻り、社名を現在の”シェドゥヴィル・ルランデ(CH)”とする。”

« 「楽器リペアマンやミュージシャンなどを満足させるべく、優れた技術者を引き続き雇用し、育て、最高の製品を供給し続けることが私たちの指名です。」とミッシェル・リックボエールは言います。

“会社の代表となった彼は、高品質な革やフェルトを探し、シェドゥヴィル・ルランデ社をフランスの
タンポ製造メーカーの代表とした。”

シェドゥヴィル・ルランデ社設立の2005年以来、フランスや世界中の取引先から質の良いタンポを製造する企業として高い評価を得ております。.

 

This post is also available in: フランス語 英語 スペイン語 ドイツ語 韓国語 ポルトガル語 ロシア語